医師としてどれくらい価値があるのか?

転職する場合の市場調査についてですが、転職をする場合には自分は医師としてどれくらい価値があるのかということが気になりませんか?

医師の市場価値の調べ方

自分は医療業界でどれくらいのメリットがある人間でどれくらいの価値があるのか。それを知っておくと転職がスムーズに進むのではないでしょうか。企業の場合には、新商品を販売する前には、市場調査を行ってマーケティング活動をします。

それと同じで転職をする自分を商品にたとえて市場価値がどうなっているのかマーケティングしてみるといいのではないでしょうか。転職の価値は、市場が決めることですからあなたの今までの経験やキャリアがすごいものでも、転職先が決まらなければ転職はできませんし価値はありません。では転職の際に医師である自分の市場価値というのはどうやったら判断できるのでしょうか。

最近ではインターネットなどで自分の市場価値を測定できるサイトなどもあります。こちらを利用すれば自分の市場価値が今どれくらいで転職に有利なのかどうなのかよくわかるのではないでしょうか。それから求人情報を見るという方法もあります。

求人内容から給与水準を調べる

市場調査を目的にした場合に求人広告でチェックしたい点は、急性期・療養・ケアミックス・老人保健施設・クリニックなどの施設種別に、仕事の内容、給料、当直回数などをきっちりとチェックしておきましょう。一般的に、急性期病院では症例経験がつめるので若い先生が安い給料で働いています。どのような病院で、経験年数何年くらいなら、年俸は平均幾らなのかは、医師を対象にした求人サイトを幾つか見れば、経験年数5年・10年程度での平均的な給与水準が分かってきます。

このページトップへ

お勧めサイト