転職のための計画とは

転職の計画について紹介したいと思います。転職をする場合にはいろいろと計画を立てるということは大切なことです。転職の際にはどのように計画を立てればいいのかというと、まずは就業規則を確認してみましょう。

スムーズに転職するために

転職活動をする場合には、まずは今いる会社の就業規則を調べてみましょう。就業規則を見れば退職にかかわる規則も掲載されていますから転職活動の計画を立てる場合には、とても役に立つと思います。

法律では就業規則に関係なく、退職の意思を伝えてから2週間後にやめることができると決められていますが、転職をスムーズに進めて円満退職をするためには、出来ればもっと前から引き継ぎなどもきちんと行って円満に退職できた方がいいのではないでしょうか。

転職先の目星が大体決まってきて、退職を決めたら、上司にはすぐに相談する方がいいですね。転職活動をするにあたっても直属の上司に話をしておいた方がスムーズに動けると思います。退職の日程は会社の就業規則を見て決めて、あなたの業務を引き継いで上司が納得いくような日を選ぶといいでしょう。

そして転職の計画の時間ですが、在職しているときに転職活動をするというのはなかなか難しいものですよね。失業中の転職ならまだしも、在職中の転職活動というのは難しいものです。特に医師の方々は、ただでさえ忙しいのですから尚更です。

時間がない医師の方には

自分で転職活動をするには、かなりの労力と時間を要します。医師を専門にしている人材紹介会社が多くありますので、そこに自分の経歴と希望を登録すれば、詳細な条件にもエージェントが相談にのってくれ、条件に合致した医療機関を探してきてくれます。

さらに、医療機関と条件交渉から雇用契約の締結までを代行してくれるので、自分からは給与のことを言いにくかったり、交渉ごとが苦手な医師の方には特に便利です。

このページトップへ

お勧めサイト